適材適所の快適さを創る

No.359

事例情報

建物
マンション
間取り
3LDK→4LDK
面積
123㎡
工事
全面改装
場所
神戸市
費用
約2,106万円

ライフスタイルにあわせ、リノベーションでしっかり働く空間へ

部屋数、広さ申し分無く、キッチンやサニタリーは吹き抜けに面し、リビングにはコーナーサッシが用いられるなど明るく・風通しの良いプラン。 「間取りに大きな不満はないが、よりライフスタイルに応じた住まいにつくり変え、快適性をもう一段アップさせたい」 ヒアリングの結果あまり使っていない和室を子供部屋にし、ダイニングを医師である主人の書斎兼趣味室にプラン変更。趣味・仕事に集中できるよう、ホビールームだけは主人以外立ち入り禁止だ。 リビング・ダイニングの広さを補うため室内廊下の納戸を組み込み、空間をすっきり保てるよう一角にクロゼットを設計。納戸を無くした分、主寝室の壁一面にクロゼット配置し収納を確保。 エントランスから延びる廊下はストレートに奥まで見え空間も間延びしていたが、壁にすると閉塞があるため、高さ90センチのコンソールでソフトな仕切り効果を演出。絵画やオブジェ、ゲストを迎えるフラワーアレンジのディスプレイにもぴったりだ。 「間取りに不満は無いが、何かが足りない・・」その気持ちに、ライフスタイルにあわせた空間コーディネートで応えた。