ワクワクが止まらない。
想像を超える間取りと未来。

I様

number:
459
structure:
マンション
type:
4LDK→3LDK+S
area:
94㎡
construction:
全面改装
place:
愛知県

プラン

リノベーションのきっかけ

もともと近くのマンションに住んでいたのですが、父が所有するマンションを譲り受け、住み替えをすることになりました。偶然なのですが、間取りがほぼ同じで。この間取りには前々から不便を感じていたので、これを機に不満をすべて解消すべく全面リフォームしようと思ったんです。

不便を感じていたのは大きく2つ。まず1つ目は、生活動線の悪さ。一般的な間取りではあるのですが、洗面室が洗面、脱衣所、洗濯機置場を兼ねていて、ただでさえ忙しい朝に、家族3人が狭い場所に集中してしまって。夫が歯を磨いている横で、娘が化粧をし、私は洗濯。体がぶつかり合って、これが喧嘩の元になるんですよね。キッチンも、3方が壁に囲まれたスペースになるため、人が溜まりやすい。私が料理をしているときに、一人冷蔵庫の飲料を取りにきて、また一人入ってくると奥にいる人はもうそこから出ることができない。もっと皆が気持ちよく過ごせるようにできないものかと思っていました。

2つ目は、本の収納。夫も私も教員ということもあり、とにかく本が多いんです。増えるたびに本棚を購入していくので、バラバラな収納庫が並びます。そして、いよいよそこにも入らなくなってダンボールに詰め、そのまま放置。こうなると、取り出して読むこともありません。大切な本を良い状態で保管したいと考えていました。 せっかく住み替えるのに、これらの不満を引き継ぐなんて考えられない。最低限の不満を解消したうえで、自分好みの空間で新生活を始めたい。そう思い、リフォームに踏み切りました。

リフォーム会社選び

まずは、リフォームの会社選びから始めました。資料請求は20社くらいしたかな。遊さんはそのうちの1社でした。ネット検索で遊さんのプラン事例集を見つけたとき、衝撃を受けました。私の想像をはるかに超えたワクワクするプラン。こんな空間で暮らすことができたらどんなに素敵だろう。実際にマンションの中を見てもらって、プラン提案してもらったのは3社でしたが、遊さんに決めたのは提案内容はもちろんのこと、プランナーの張(はり)さんの「遊び心」に共感したから。

私は、古民家や和洋折衷の大正レトロのような味のある空間に興味があり、京都府大山崎町にある「聴竹居(ちょうちくきょ)」のような空間に魅かれていました。「聴竹居」とは、建築家である藤井 厚二氏が戦前、天王山の竹やぶを切り開き、日本の住宅の理想を追求して建てた私邸。数寄屋造りと欧米風のモダニズム建築の融合で、畳の部屋もあれば椅子・テーブルの部屋もある融通性が特徴の建築物です。ただそこまで知名度があるわけではなく、知る人ぞ知るという感じだったんです。そんな中、張(はり)さんも「聴竹居」を知っていて。話がすごく盛り上がったんです。何がいいのか、どこに惹かれたのか、本当に楽しそうに語る姿を見て「この人なら、うちのリフォームをただの仕事にしないだろう。きっと私が想像できないようなおもしろい空間にしてくれるに違いない」。そう確信しました。

<参照>聴竹居 http://www.chochikukyo.com