私たちサイズの
最高に心地いい住まい。

Y様

number:
457
structure:
マンション
type:
4LDK→3LDK+S
area:
89㎡
construction:
全面改装
place:
和歌山県和歌山市

プラン

イメージパース

1子ども部屋(1)
2リビングから子ども部屋(2)の動線
3子ども部屋(3)

リフォームのきっかけ

ご主人様:
5人家族で、4LDK・90平米のマンション。4部屋あるうちの1部屋は収納部屋。子どもたち3人も大きくなってきて、そろそろ一人に1部屋あげたいと思い始めたのがリフォームのきっかけでした。最初は1年くらいかけて、物件さがしをしていました。モデルハウスにも何度か足を運びましたが、どうしても今以上の立地条件の物件が見つかりません。そこで、今の住まいのリフォームを検討し始めました。「和歌山でリフォームする価値があるのか?」「新築マンションにしたら?」など、周囲からは色々と言われたりしました。正直なところ、私自身も、家族がのびのび過ごせるような広い一戸建てがいいなと思っていましたし、犬も飼ってみたいという気持ちもありました。しかし、それらの希望よりも、今の立地の良さが勝っていたのです。


奥様:
他を見れば見るほど、今の条件の良さを再認識しました。まず、子どもたちが通う学校が近い。そして、私たち夫婦が働く職場が近い。また、駅が近いなど利便性が良いだけでなく、近くに美術館や和歌山城があったり、自然が多く残っていたりと私たち家族全員が今以上の立地はない!と思える場所なのです。


ご主人様:
それに、マンションの部屋の位置もいい。上層階で、しかも角部屋なので、どの部屋からも開放的な眺望を望めます。寝室や子ども部屋、浴室の窓からは和歌山城も見えるんです。同じマンションでもこの部屋じゃなかったら、広さを求めて他の場所に移り住んでいたと思います。

ボトルネックになったのは言うまでもなく「広さ」でした。もともと、住み替えを考え始めたきっかけが、家族5人で暮らすには手狭になってきたということでしたから。リフォームしたとしても、面積を変えることはできない。この課題をどうクリアしていくか?が今回のリフォームの要でした。